理想のボディを手に入れろ!脂肪吸引の費用は100%自己負担

注射1本でシワを解消

注射

神経に働きかける薬を使用

1980年代ごろから普及しはじめた治療技術に、ボトックス注射というものがあります。ボトックスとは薬品の名称で、ボツリヌス菌という菌を原料としています。この菌には非常に強い毒性がありますが、ボトックス自体はその毒性を完全に排除し、身体に作用する成分のみを抽出して作られています。では、その作用は何かというと、神経の働きを局所的に麻痺させる作用です。これを利用することで、これまでボトックス注射は顔面のけいれんなどを抑える目的で各種の治療に使われてきました。そして最近では、美容目的で用いられる機会が増えてきています。ボトックス注射を効果的に利用すれば、手術などを行うことなくシワの解消を図ることができます。

小ジワ対策に効果的

ボトックスは筋肉と神経の接合部に作用させることで、脳からの信号を遮断する効果が得られます。つまり脳が「筋肉を動かせ」という指令を出しても筋肉が反応しなくなるのです。この効果に着目し、美容医療においてボトックス注射は主として表情ジワの解消目的に利用されています。表情ジワとは笑いや怒りなどの感情の変化によって筋肉が動くことでできるシワのことで、目尻の小ジワや眉間の縦ジワなどがその代表的なものです。加齢に伴って肌のハリが失われるにつれ、必要以上に目立つようになります。こうした表情ジワのできやすい場所にボトックスを注入すれば、筋肉の収縮を抑制し、シワを目立たなくすることができます。施術は数分で終わり、メイクなどはその日から普通にできるため、手軽な美容法として人気を集めています。